「いぼ」は「たこ」や「うおのめ」と全く異なり、ウィルス性であることが特徴的です。見分け方としては見た目で判断する方法が最も一般的です。いぼに皮紋と呼ばれる模様はなく、表面はガサガサしており、削ると転々と小さな出血があります。

いぼ

原因と主な症状

指のささくれや足底などの小さな傷口、さらには目に見えない傷などから、ヒト乳頭腫ウィルスが皮膚に感染して起こる病気です。
イボができる部位によっては痛みを感じることがありますが、一般的には、痛みやかゆみを伴うケースは少ないです。

主に手足の指や足底にできることが多く、表面がザラザラとしており、ドーム状に盛り上がります。足底では扁平なことも多く、「タコ」や「うおのめ」と間違われることもありますが、ウイルス性であるため、「タコ」や「うおのめ」とは全く異なります。特徴としては、イボの表面を削ると点状の出血が見られることが挙げられます。

治療方法

液体窒素による治療(一般的な治療法です)

液体窒素に浸した綿棒を数秒間イボに接触させて凍らせます。痛みが伴うこともあります。また、一度で治らない場合は1〜2週間ごとに続ける必要があります。根を取り損ねによる再発の可能性もあります。保険診療内でイボを除去することができます。

内服薬による治療

治療を行ううえで痛みは全くありません。しかし、いぼの形状や種類によって、効果がでる場合と出にくい場合もあります。いぼの種類、大きさや症状によって治療方針も異なりますので、専門医の相談の下、治療することをオススメします。

その他の治療法(当院では行っておりません。)

レーザーや電気メスでイボを焼く方法やグルタルアルデヒド塗布法、接触免疫療法などもあります。

水いぼ

原因と主な症状

水いぼの正式名称は「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」です。原因としては、ウィルスによる「接触感染」が挙げられ、直接患部に触れていなくても、タオルや衣服などを介して感染したり、患部を触った手で触れたものをから周りに広がります。特に子供に多く見られる病気で、皮膚が傷つきやすい人(例えば、アトピー性皮膚炎など)は感染しやすい傾向にあります。よく「いぼ」と間違われるケースが多い「水いぼ」ですが、原因となるウィルスの種類が違い、免疫ができることで、発症しないと言われています。

直径1~3mm程度のツルツルとした白いいぼが数個から数十個、首・胸・脇の下・肘やひざ(裏側にできるケースもある)などにでき、かゆみを伴うこともあり、特徴として、いぼの中心がくぼんでいることが挙げられます。

治療方法

  • ◆専用のピンセットを使用し、ウイルスの芯を除去(一般的な治療法です)
    ※痛みを伴います。
  • ◆投薬療法(ヨクイニンの服用)

水イボは自然治癒する病気ではありますが、伝染性があるため、全身に広がる前の数が少ないうちに早めの治療をすることをおすすめします。

ご注意いただきたいこと

「いぼ」も「水いぼ」もウィルスによる疾患ですので、かいたりしてイボがつぶれることにより、ウイルスが他の部位に付着することで感染し拡がっていきますので、なるべくつぶさないようにしましょう。
また、水いぼは、感染力が強いため、他の人にうつらないよう、

<1>家族ともタオルや衣類は共有しない
<2>プールや公衆浴場は避ける

などの配慮が必要です。