あせも(汗疹)

原因と主な症状

あせも(汗疹)は、小さな赤いブツブツができかゆみを伴います。乳幼児によく見られますが、大量の汗をかいた時に皮膚の中にたまり、水ぶくれが生じ、炎症を起こして発疹が現れます。乳幼児だけでなく、大人でも発症し、幅広い年齢で生じる可能性がある病気です。かゆみがあるので、かいてしまい、潰すことにより化膿したりすると治りにくくなることもあるので、注意が必要とともに、他の湿疹や皮膚炎と同じように早めの治療を行うことが大切です。

あせもができやすい箇所には以下のような部位を挙げることができます。

● 頭
● 額
● 首
● 肘
● 背中
● 足の付け根
● お尻
● 膝の裏側
● (乳幼児の場合)おむつで覆われている部分

あせも(汗疹)は、字からも想像できるように、汗が乾きにくい部分にできやすいので、高温多湿な環境で運動し汗をしっかりと拭きとらなかった時や風邪をひいた時などで生じます。また、汗をかきやすい夏場以外の季節でもできる可能性があるので注意が必要です。

あせもには3種類あります。

  特徴
紅色汗疹
(こうしょくかんしん)
日常でよく見られるあせも(汗疹)の1つ。
小さな赤いブツブツができてかゆみを伴う。
チクチクする軽い痛みを感じることもある。
水晶様汗疹
(すいしょうようかんしん)
日常でよく見られるあせも(汗疹)の1つ。
直径1〜3mm程度の小さな水ぶくれ
赤みやかゆみを伴わない。
症状が軽いため、自覚症状がほとんどない。
深在性汗疹
(しんざいせいかんしん)
白っぽく扁平に隆起する。
熱帯地方や高温環境下のように高温状態の場所で長時間働いてたり、滞在する人起こる。
日本ではあまり見られない。

治療方法

あせも(汗疹)の治療方法ですが、紅色汗疹(こうしょくかんしん)と水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)とによって治療法が違います。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)の場合

  • ◆炎症が起こっている湿疹のため、スキンケアを行うとともに、塗り薬による治療も行います。
  • ◆塗り薬としては、ステロイド外用剤を使用することで、炎症を抑えつつ、かゆみも和らげます。かゆみを抑えることでかくことを防ぎ、悪化することも防止します。
  • ◆寝ている時でも無意識にかいていることもあるので、かゆみを抑えることは大切です。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)の場合

  • ◆症状が軽いため、汗をかいた後のスキンケアが大切です。
  • ◆スキンケアを随時行うことで自然に治ります。
  • ◆スキンケアとして心がけていただきたいこととしては以下になります。
    • イ) 汗をかいた後、シャワーで洗い流す。または、清潔な濡れタオルで汗をしっかり優しく拭き取るように心がける
    • ロ) 暑い時期や運動をするときなど、汗をかきやすい場合には、速乾性の高い素材や吸湿性の高い木綿を使用した衣類を使用するなど衣類の工夫を行う。
    • ハ) 汗をかきやすい乳幼児には、イ)とロ)のようなスキンケアとともに、外気の温度や湿度に合わせて衣類を調節しましょう。また、汗をよくかく場合にはエアコンや除湿器といったものを使用し、室温や湿度を調節してあげましょう。

ご注意いただきたいこと

あせも(汗疹)のかゆみに耐えることができず、かき続けるようなことを行うと、あせも(汗疹)が悪化し、とびひになる場合もあるのでご注意ください。

あせも(汗疹)の最良の予防法かつ治療法は、日々生活するうえでスキンケアを適切に行うことです。スキンケアを行っていて発症した際は、専門医による適切な診断を受けることをお勧め致します。