口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは、60代以上の大半の人が感染しているといわれています。

原因

患部に直接触れたり、唾液を介して単純ヘルペスウィルスに感染することで口唇ヘルペスが発病します。症状としては、風邪の時、過労、ストレスといったことが原因となり、唇の周りにみずぶくれができる症状です。初めて感染したのが子供の頃の場合は軽症ですむことが多いですが、大人になってから初めて感染した場合は重症化しやすくなります。

初めて感染した場合と再発の場合によって症状が異なり、大人になってから初めて感染した場合は以下のような症状が見られます。

  • ◆唇や口の周囲に5mm程度の水疱ができる
  • ◆発熱
  • ◆リンパ節が腫れる

再発の場合は4ステップに分かれます。

1ステップ ヒリヒリ、チクチクといった違和感、かゆみなどを感じる

2ステップ 患部が赤く腫れる

3ステップ 水疱ができる

4ステップ かさぶたができる

症状が治まるまでの目安期間は10日から14日です。

治療

治療法としては抗ウィルス薬による薬物療法が一般的です。

外用薬 ・アシクロビル
・ビダラビン
過剰な免疫反応を抑止するために使用する。
ステロイド外用薬や免疫抑制外用薬の2種類
外用薬 ・アシクロビル
・塩酸バラシクビロビル
皮膚症状とウィルスの増殖を抑えることために使用する

症状に応じて、上記の薬を用いて、治療を進めますが、下記のような場合は点滴(アシクロビル・ビダラビン)による治療を行うこともあります。

  • ◆初感染で重症化している場合
  • ◆免疫不全の基礎疾患がある場合
  • ◆アトピー性皮膚炎の方がカポジ水痘様発疹症を合併している場合

現代医学において口唇ヘルペスは、ウィルスの消滅をすることはできず、症状を和らげるためには初期療法を行うことが重要であり、抗ウイルス薬の使用と日常のケアによって、再発を予防することは可能です。