ほくろ

ほくろは、メラニンを有しているため、黒褐色やうす茶色、肌色で、生まれつきのものと成長途中で現れるものがあります。一般的な大きさはほとんど5mm程度までのものです。また、形状は様々ですが、平坦なしみや、皮膚表面が隆起したものなどがあります。

ほくろには良性と悪性があり、「メラノーマ」と呼ばれる皮膚がんの可能性があります。見分け方として、5mm以上の大きさは要注意です。
メラノーマには以下のような種類があります。

末端黒子型 足のうらや手のひら、手足の爪部に表れる
表在拡大型 胸・腹・背中など体の中心部や手足の付け根に近い部位に表れる
結節型 とくに部位は関係なく、だんだん大きくなるのが特徴的である
悪性黒子型 高齢者の顔面に発生しやすく、不規則な形のしみが徐々に大きくなる

注意してほしいこと

良性のものが大多数ですが、下記の点が2つ以上あてはまる場合は専門医を受診されることをおすすめ致します。

  • 形が左右対称性でない
  • ほくろの周辺がギザギザしている
  • 色が均一でなく、濃淡が混じっている
  • 直径が5mm以上ある